第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム

qrcode.png
http://www.jc-web.or.jp/jcbase/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcbase/ を検索
 
 

第9回【分科会】

 

エネルギー多消費企業の省エネルギー対策分科会 概要

エネルギー多消費企業の省エネルギー対策分科会 概要
 
 中国では、重点エネルギー使用分野において、生産現場である工場等における省エネ手法、技術面での情報不足や資金調達力等のバリアが課題となっています。本分科会の目的は、日本企業の工場向けの優れた省エネ手法や技術に関する発表等を行い、中国の重点エネルギー使用分野における更なる省エネ化に向けた取り組みを促進することです。
 

 本分科会の共同議長は、日本側が資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部省エネルギー対策課の辻本課長、中国側が国家発展改革委員会環境資源節約利用司節能処の趙処長が務め、日本側からは工場分野の省エネ対策、省エネ技術(ヒートポンプ)導入の取組、日本企業の省エネ技術(インバーター技術)導入の取組、中国ガラス業界における省エネ、環境改善、中国側からは、中国の最新省エネ政策、エネルギー多消費企業の管理政策、企業の省エネ取組み等の紹介があり、双方で活発な意見交換が行われました。

 

次第・講演資料

次第・講演資料
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 56KB )
 
「第13次五カ年計画(十三・五)」における省エネ目標と政策
発改委能源研究所戴彦徳副所長(日)  ( 2015-12-15 ・ 1144KB )
   
中国におけるエネルギー多消費企業の管理政策
節能協会計量科学研究院房慶副院長(日)  ( 2015-12-15 ・ 3640KB )
   
工場分野の省エネルギー対策について
省エネルギーセンター牛尾好孝参与(日)  ( 2015-12-15 ・ 2395KB )
   
省エネルギー技術(ヒートポンプ)導入の取組について
前川製作所深野修司氏(日) ( 2015-12-15 ・ 1803KB )
   
日本企業の省エネルギー技術(インバーター技術)導入の取組について
日立産機システム宮崎守弘部長代理(日)  ( 2015-12-15 ・ 4898KB )
   
中国ガラス業界における省エネ、環境改善
旭硝子岩倉清悟事業推進統括GR(日) ( 2015-12-15 ・ 871KB )
   
高効率と省エネで、中国をリード
華能集団安全監督與生産部趙賀主任(日) ( 2015-12-15 ・ 4242KB )
   
省エネ排出削減における経験交流
中国建材国際工程姚旦副総工程師(日) ( 2015-12-15 ・ 1116KB )
   
エネルギー多消費企業に向けたスマート空圧システム技術
杭州哲達科技麻剣鋒副総裁(日) ( 2015-12-15 ・ 3308KB )
 
 

スマートシティ(城市緑色管理)分科会 概要

スマートシティ(城市緑色管理)分科会 概要
 

 2014年に中国は、20年の都市のあり方の指針として「国家新型都市化方針」を策定し、新たな都市モデルの構築に向けて取り組みを進めています。同方針においては、エネルギーが重要な要素の一つとして位置づけられ、これまで日本において取り組まれてきた地方自治体の経験、企業による地域エネルギー管理システムや分散型電源等の都市の省エネルギー化に資する技術の導入が期待されています。また、1511月に採択された第13次五ヵ年計画の建議においても、これらの推進に通じる「緑色発展」という理念が打ち出されました。

 

 そこで本分科会では、中国の新型都市化、都市の緑色発展に向けた取り組みの促進に資する日中都市間、企業間のパートナーシップの構築を目的として、日本側からは、地方自治体による省エネルギー化等の経験・政策、企業による都市の省エネルギー化技術及びESCOを中心とする環境ファイナンス手法について、中国側からは、中国の新型都市化政策、これに基づく地方と企業アライアンス等でのスマートシティの取り組み、地域エネルギー管理士ステム展開及びグリーンファイナンスの展望に関する発表を行っていただき、日中双方の参加者にとって、本分野での有益な意思疎通の場となりました。

 

次第・講演資料

次第・講演資料
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 124KB )
 
北九州スマートコミュニティの挑戦
北九州市環境局田原温課長(日) ( 2015-12-15 ・ 4125KB )
   
中国都市化の新たな選択―グリーン・低炭素シティー
城市小城鎮改革発展中心喬潤令副主任(日) ( 2015-12-15 ・ 2701KB )
   
横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)の取組と今後の展開について
横浜市黒水公博副本部長(日) ( 2016-01-04 ・ 3921KB )
   
持続可能な発展の堅持 都市のグリーン・マネジメントのイノベーション
湖州市発展改革委員会費新章副主任(日) ( 2015-12-15 ・ 4662KB )
   
先進的なスマートシティの構築について
日建設計設備設計G栄千治部長(日) ( 2015-12-15 ・ 973KB )
   
スマートエネルギーは都市エネルギー細分化管理の新たなチャンス
智慧エネルギー産業潘崇超執行秘書長(日) ( 2015-12-15 ・ 3432KB )
   
スマートシティ実現への取り組み ー 柏の葉事例を中心に ー
日立製作所グローバル戦略室赤津室長(日) ( 2016-01-04 ・ 2230KB )
   
グリーンファイナンスによるグリーンシティ発展支援
中国銀行業監督管理委員会李暁文処長(日) ( 2015-12-15 ・ 593KB )
   
スマートシティ構築に資するファイナンス手法としてのESCO事業
DMC(深圳)井手義浩総経理(日) ( 2015-12-15 ・ 1642KB )
 
 

次世代自動車分科会 概要

次世代自動車分科会 概要
 
 次世代自動車分科会は、日本側69名、中国側は45名の参加で行われました。分科会は日中双方の計10名がプレゼンを行い、政府主管当局からは次世代自動車の産業政策、インフラ設備建設の現状または将来へ市場展望を中心に、製造メーカは、研究開発の現状及び課題についてそれぞれ発表されました。また、日中間共同研究についてもこれまで1年間の成果と問題点に踏まえ、共同発表が行われました。
 
 会議終了後、11月30日、12月1日にかけて、トヨタ自動車のメガウェブへFCEVPHEVを試乗、パレットタウンのHa:mo(新交通システム)見学、イワタニ水素ステーションを視察しました。日産自動車では、横浜アイマークプレイス公共充電施設の他、追浜工場と日産先進技術開発センターを視察することができました。
 

次第・講演資料

次第・講演資料
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 118KB )
 
日本の次世代自動車振興施策
経産省自動車課吉田健一郎推進室長(日) ( 2015-12-17 ・ 1470KB )
   
中国の新エネ自動車政策及び普及状況
発改委機械装備処呉衛調研員(日)  ( 2015-12-17 ・ 1446KB )
   
中国の新エネ自動車充電施設の計画と発展政策
国家能源局電力司武震幹部(日) ( 2015-12-17 ・ 1626KB )
   
電気自動車インフラ共同研究 中間報告
日本自動車研究所木戸彰彦研究主幹(日)  ( 2015-12-17 ・ 1821KB )
   
新エネルギー車の普及促進に向けた日産の取り組み
日産自動車矢島和男ダイレクター(日)  ( 2015-12-17 ・ 3220KB )
   
北汽集団の新エネルギー車に対する取組・北京の新エネルギー車の普及状況
北汽集団新エネルギー部劉偉副部長(日)  ( 2015-12-17 ・ 2871KB )
   
都市交通システム『Ha:mo』と各地域の実証について
トヨタ自動車ITS企画部山本部長(日)  ( 2015-12-17 ・ 2969KB )
   
中国の新エネルギー車産業及び技術発展の全体状況の紹介
中国汽車技術研究中心王成副主任(日) ( 2015-12-17 ・ 2464KB )
   
内燃機関の将来展望
マツダ自動車人見光夫常務執行役員(日)  ( 2015-12-17 ・ 2182KB )
   
中国製造2025省エネ・新エネルギー自動車発展のロードマップ
中国汽車工業協会技術部何鵬主任(日)  ( 2015-12-17 ・ 2543KB )
 
 

循環経済分科会 概要

循環経済分科会 概要
 

 日中両政府からは、一度製品化したものを廃棄することなく再生資源として回収し、それを循環して産業化することにより持続的発展を実現することの重要性とそれに向けた政策的措置が詳述されました。地方自治体、大学研究部門、企業サイドからは都市化の進展に伴い深刻化する各種廃棄物を再資源化する “都市鉱山”の開発と“静脈産業”の展開が提起されました。

 

日中双方の講演者はそれぞれの団体企業の観点から成果報告、短期長期の課題点の提起を行い、日中間での国際的事業協力を報告し、相互理解を深めると同時に、一段の相互協力の可能性を模索しました。講演者間では事前に参加者情報を交換する形で講演のマッチング、密度の向上を図り、また、ネットワーキングで各分野間での新たなビジネス交流も模索しました。

 

次第・講演資料(一部調整中)

次第・講演資料(一部調整中)
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 188KB )
 
日本政府の資源循環政策の現状と今後の展開
リサイクル推進課梅田英幸課長補佐(日) ( 2015-12-15 ・ 2538KB )
   
中国の循環型経済発展の全体状況
発改委資源節約環境保護司陸冬森処長(中) ( 2015-12-15 ・ 1714KB )
 
環黄海地域の循環型社会の構築
北九州市環境局石田謙悟理事(日) ( 2015-12-15 ・ 1251KB )
   
大連循環産業経済と中日韓循環経済モデル基地建設状況の紹介
大連循環産業経済区尚書臣副書記(中) ( 2015-12-15 ・ 5507KB )
 
日中都市廃棄物循環促進プロジェクトの成果とEPR-Asia
神戸大学経済研究科石川雅紀教授(日) ( 2015-12-15 ・ 1053KB )
   
中国の資源循環利用産業と国際資源循環
同済大学循環経済研究所杜歓政所長(中) ( 2015-12-15 ・ 4473KB )
 
中国大連市における電炉ダストからの亜鉛リサイクル事業
東邦亜鉛佐藤純営業部長(日) ( 2015-12-15 ・ 1479KB )
   
”都市鉱山を開発し、美しい中国を”
格林美(GEM)張翔総経理補佐(中) ( 2015-12-15 ・ 4031KB )
 
天津TEDAのグリーン発展ーリーテムの取組
リーテム浦出陽子部長(日) ( 2015-12-15 ・ 1431KB )
   
中国再生資源産業発展の新形態
中国物資再生協会張艶会副秘書長(中) ( 2015-12-15 ・ 2517KB )
 

石炭火力発電分科会 概要

石炭火力発電分科会 概要
 

 石炭火力発電分科会は、今回もフォーラムの分科会の一つとして開催されました。

 当分科会の共同議長、日本側が経済産業省資源エネルギー庁長官官房総合政策課の塚田企画官、中国側国家能源局電力規劃センター副主任電力規劃設計総院の謝院長が務め、日本側からは石炭火力発電所におけるクリーンコールテクノロジーや省エネ・環境対策技術設備と日中間の協力動向紹介を行い、中国側からは第13次五カ年計画策定に向けた石炭火力発電分野の政策・技術動向や業界団体・企業の最新の取組み等の紹介を行い、活発な意見交換を行いました。

 

 また、地方視察は、電源開発株式会社橘湾火力発電所にて優れた環境設備と周辺環境に配慮された施設運営を見学し、九州大学次世代燃料電池産学連携研究センターでは、最先端の燃料電池の研究開発動向についてお話を伺い、意見交換を行いました。

 

次第・講演資料

次第・講演資料
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 128KB )
 
日本のクリーンコールテクノロジー開発の現状
NEDO環境部在間信之統括研究員(日)  ( 2015-12-15 ・ 3676KB )
   
中国の石炭火力発電高効率発展について
国家能源局電力司高陽氏(日) ( 2015-12-15 ・ 2625KB )
   
中国大気汚染対策 発電所向けAQCS普及の現状と課題
浙江菲達菱立豊原正隆副総経理(日) ( 2015-12-15 ・ 3442KB )
   
中国電力工業発展の現状と石炭需給への影響
中国電力企業連合会魏昭峰副理事長(日)  ( 2015-12-15 ・ 1528KB )
   
大崎クールジェン酸素吹IGCC実証プロジェクトの概要と進捗状況
大崎クールジェン相曽健司副社長(日)  ( 2015-12-15 ・ 4338KB )
   
中国の石炭火力発電クリーン発展の研究
電力規劃設計総院董博高級工程師(日) ( 2015-12-15 ・ 1964KB )
   
CCTの海外展開について
新日鐵住金エンジ水野正孝GM(日) ( 2015-12-15 ・ 2734KB )
   
温室効果ガス排出削減とCCTの推進
中国華能集団科技環保部趙毅主任(日) ( 2015-12-15 ・ 5018KB )
   
CCTの日中におけるビジネスベースの協力
石炭エネルギーセンター塚本理事長(日)  ( 2015-12-15 ・ 2244KB )
   
国華電力の石炭火力クリーン発電の実践
神華能源節能環保部胡殿儒業務経理(日)  ( 2015-12-15 ・ 3811KB )
 
 

日中長期貿易分科会 概要

日中長期貿易分科会 概要
 
 日本側・省エネ等技術交流促進部会と中国側・中日長期貿易協議委員会・省エネ環境保護技術合作分会(事務局は商務部対外貿易司)は、省エネ・環境ビジネス支援・促進の対話の場として、2006年以来、日中省エネルギー・環境総合フォーラムにおいて分科会の形で毎回定期交流を行なっています。
 
 今回は、従来より当分科会で議論されてきた「自動車リサイクル(第1部)」と「汚水汚泥処理(第2部)」の2テーマ構成により実施しました。第1部では、経済産業省と商務部から政策・制度の紹介があったほか、日本側企業からは、使用済み車輛の回収・解体、中古車マーケット、リサイクル部品の流通プラットフォームのそれぞれの角度から発表が実施され、自動車静脈産業を包括する充実した内容となりました。
 

次第・講演資料

次第・講演資料
 
次第 ( 2015-12-15 ・ 137KB )
 
日本の自動車リサイクル制度の現状
経産省保坂明自動車リサイクル室長(日) ( 2015-12-17 ・ 1962KB )
   
中国の使用済み自動車の回収・解体業界の発展状況
商務部市場体系建設司肖栄臣処長(日) ( 2015-12-17 ・ 1653KB )
   
資源循環型社会を基本とした 自動車リサイクル(地球温暖防止・汚染物質削減)
啓愛社榛葉国雄取締役常務執行役員(日) ( 2015-12-17 ・ 795KB )
   
自動車のリサイクル業界の発展課題と政策研究
中国自動車技術研究中心黎宇科部長(日) ( 2015-12-17 ・ 546KB )
   
リサイクル部品流通プラットフォームおよび中国事業ご紹介
ブロードリーフ羽生武史執行役員(日) ( 2015-12-17 ・ 2925KB )
   
水質自動制御システムの紹介
ウォーターエージェンシー湛記先部長(日) ( 2015-12-17 ・ 1162KB )
   
都市の汚水処理場のグレードアップ改造の要点
北控水務集団杭世珺執行董事(日) ( 2015-12-17 ・ 3113KB )
   
乾燥・焼却における汚泥資源化技術
大川原製作所東京産機営業課童琳氏(日) ( 2015-12-17 ・ 2877KB )
   
新たな環境における汚泥分野に関する日中企業協力の機会
中節能博実(湖北)銭鳴総経理(日) ( 2015-12-17 ・ 4194KB )
   
日東電工の水処理事業のご紹介
日東電工高柳敏彦執行役員(日) ( 2015-12-17 ・ 1191KB )
     
<<日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7354 FAX:03-5226-7221