一般財団法人日中経済協会は、対中交流実績と豊富なノウハウ・人脈で、御社の中国ビジネスをサポートします。

qrcode.png
https://www.jc-web.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒106-0032
東京都港区六本木1-8-7
MFPR六本木麻布台ビル6階
TEL:03-5545-3111(代表)
FAX:03-5545-3117
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/ を検索
 
 

中日地方発展合作示範区オンラインセミナー

 

【結果報告】「中日地方発展合作示範区」オンラインセミナー

【結果報告】「中日地方発展合作示範区」オンラインセミナー
 

85日、日中経済協会・中国国家発展改革委員会地区経済司共催の「中日地方発展合作示範区」オンラインセミナーが開催され、約300名に視聴いただきました。

 

今回、共催した国家発展改革委員会は日中経済協会の長年来のパートナーですが、とりわけ地区経済司とは、毎年秋の当協会合同訪中代表団との全体会議に毎回参加しているほか、日中省エネルギー・環境総合フォーラム等においても、深い交流を行っている間柄です。

 

セミナー冒頭、当協会・杉田専務理事より「中日地方発展合作示範区は、従来の開発区や新区などの工業団地、都市計画における日中合作事業とは何が異なるのか。さらには、日本企業にとってはどのような協力機会、ビジネスチャンスなどが期待されるのか、関心は尽きない。そして、中央政府の政策当局者からまとまった話を聞くことが出来る貴重な場となるだろう。」との挨拶がありました。

 

続いて中国側からは、郭蘭峰・国家発展改革委員会副秘書長兼地区経済司司長より、今回の示範区に関する中国政府のねらいや期待に関する説明がありました。先ず、「示範区の建設を通じて日本のブランドや技術、中国のマーケットや製造の強みを活かし、日中両国経済の新しい経済成長のポイントを形成したい。また、日本企業の早期操業再開のために注力しており、コロナ収束後の両国共同のミッションは、景気回復である。日本の各界の皆様と共に日中の地方発展協力メカニズムのために尽力し、日本企業の中国への進出をバックアップしていきたい。」と強い意気込みを述べました。続いて、上記を実現するための今後の5つの取組み【①提携のメカニズムを改善する、②日本企業の操業再開に注力する、③ビジネス環境を充実化する、④政策・優遇策を強化する、⑤宣伝を強化する。】について説明しました。最後に、「日本の各地域、企業、機構の皆様には中国に足を運んでいただき、実際にご覧いただきたい。理解を深め共通認識を得るよう協力し、中日双方の地方発展協力のために中国という大市場においてウィンウィンの関係を築き、共に発展していきたい。」と総括しました。

 

その後、中日地方発展合作示範区6都市(天津、大連、上海、蘇州、青島、成都)のキーパーソンより、本政策の狙いや経緯について説明がありました。

 

コロナ禍の影響でなかなかリアルな会議が開催できない一方、今回、東京、北京、6示範区の合計8都市を中継しました。複数の地域の政策に関する説明をまとめて聞けるというのは「オンラインならでは」のメリットです。

 

本セミナーを通して、今後、参加者の皆様と中国の地方との個別の交流や、本示範区へのご理解を深めていただけたなら幸いです。

 

また、セミナーの模様は中国側のウェブサイトでも取り上げられています。

●国家発改委地区司公式サイトの開催報告

  https://www.ndrc.gov.cn/fzggw/wld/glf/zyhd/202008/t20200806_1235731_ext.html
●両国多地“雲推介”中日地方発展合作示範区線上推介会挙行
   http://news.bandao.cn/a/394481.html

 

以下は、オンラインセミナーで発表された示範区6都市のPowerPoint資料となります。
※1つのPDFに、日本語、中国語の両方が含まれております。

▽ 個別ダウンロード ※()内は発言者
- 天津:4.2MB(許南 中共天津市静海区委副書記)
http://jcpage.jp/ndrc_model/tianjin.pdf
- 大連:2.8MB(趙東 大連金普新区党工委委員)
http://jcpage.jp/ndrc_model/dalian.pdf
- 上海:3.2MB(潘笑悦 上海自由貿易試験区臨港新片区高科処副処長)
http://jcpage.jp/ndrc_model/shanghai.pdf
- 蘇州:4.2MB(顧海東 蘇州市相城区委書記)
http://jcpage.jp/ndrc_model/suzhou.pdf
- 青島:3.6MB(張建国 青島国際経済合作区党組副書記、管委副主任)
http://jcpage.jp/ndrc_model/qingdao.pdf
- 成都:1.7MB(陳洪涛 成都高新区党工委委員、管委会副主任)
http://jcpage.jp/ndrc_model/chengdu.pdf

▽ 以上6ファイルの一括ダウンロード:19.5MB
http://jcpage.jp/ndrc_model/ndrc_model.zip
 
以上
 

日中経済協会・国家発改委共催「中日地方発展合作示範区」オンラインセミナー

日中経済協会・国家発改委共催「中日地方発展合作示範区」オンラインセミナー
 
 今年5月、中国国家発展改革委員会は大連、天津、青島、上海、蘇州、成都の6都市において「中日地方発展合作示範区」の設立を批准したことを発表しました。これらのうち、大連、成都では既にオンライン等で説明会が開かれたほか、7月5日に蘇州相城区、7月24日に上海自由貿易試験区臨港新エリアでも発足式典が開催されるなど、続々と関連の重点産業や政策が打ち出されつつあります。

  今回打ち出された示範区政策につき、日本企業の皆様のご関心は、従来の開発区や新区などの工業団地、都市計画と何が異なるのか?我が国が裨益することは何か?それぞれの示範区は具体的にどのようなものか?などといったことに向くのではないかと存じます。

   そこで、日中経済協会では、この度、本件の立案当局である国家発展改革委員会地区経済司の責任者から、オンラインセミナーの形式にて、本政策の経緯や狙いについて直接お話いただく機会を設けることと致しました。さらには、同司の指導の下、6都市の示範区それぞれについて、地方関係当局者から説明いただくこととしています。

  中央および地方の政策当局者からまとまった話を聞くことが出来る貴重な場となろうかと存じます。会員企業の関係者の皆様には、この機会に是非参加いただければ幸いです。

                                                                        記
 1. 主催:日中経済協会、中国国家発展改革委員会地区経済司
    (技術協力:NECソリューションズ中国)
 2. 日時:2020年8月5日(水)中国時間15:00~16:30/日本時間16:00~17:30
 3. 使用ソフト:Zoom
 4. 通訳:あり(日本語⇔中国語)
 5. 費用:無料
 6. 次第(案):
   - 開会(進行:日中経済協会北京事務所長 岩永正嗣)
   - 開会挨拶 日中経済協会専務理事 杉田定大
   - 基調講演 国家発展改革委員会副秘書長、地区経済司司長 郭蘭峰
     (略歴: https://www.ndrc.gov.cn/fzggw/wld/glf/
   - 6都市代表による示範区紹介(大連、天津、青島、上海、蘇州、成都)
   - 質疑
   - 閉会
 7. 参加方法:8月3日(月)必着にて、下記5点を明記のうえ、下記・澤津宛てメール(saw@postbj.net)にてお申し込み                     下さい。

  1)氏名
  2)所属・役職
  3)電話
  4)E-mail
  5)参加地(例:北京、東京等)

  なお、本セミナーはオンラインで行われますので、日中の所在地問わず、貴社関係者のご参加も歓迎申し上げますので是非貴社関係拠点等にも共有ください。
    ミーティングIDは、会議直前にお申込み各位宛てにメールにて送付いたします。

 8. お申し込み・お問い合わせ先:
   日中経済協会北京事務所(担当:澤津)
   TEL: (+86) 10-6513-9880 E-mail: saw@postbj.net

 以上
 
<<一般財団法人日中経済協会>> 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル6階 TEL:03-5545-3111 FAX:03-5545-3117