一般財団法人日中経済協会は、対中交流実績と豊富なノウハウ・人脈で、御社の中国ビジネスをサポートします。

  • 日中経済交流の架け橋
qrcode.png
http://www.jc-web.or.jp/jcea/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcea/ を検索
 
 
 

一般財団法人日中経済協会からのお知らせ

一般財団法人日中経済協会からのお知らせ
1
 
中国ECフェア 2018
2018-05-22

この度、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)では、中国の主要越境ECプラットフォームの現状理解と商流構築、各社のブランド認知向上に向けた具体的な取り組みの一助となることを目的として、以下要領にて「中国ECフェア 2018」を開催します。

 

日時:6月20日(水曜) 9時10分~18時00分(受付開始 9時00分)

場所:ジェトロ本部 5階 展示場・会議室(港区赤坂1-12‐32 アーク森ビル)

 

今次フェアは、大手ECプラットフォームの最新の取り組み、広告・KOLを活用した拡販手法や越境ECに特化した物流サービス等、中国向けEC販売における様々な可能性について、ワンストップで理解を深めつつ、個社の次の具体的アクションに向けたネットワーク構築に向け、大変良い機会になるものと思われます。

特に中国向けにECを使った販路拡大に取り組もうとされる皆様にはお薦めのフェアです。

 

詳細は以下URLをご覧頂き、参加ご希望の方は直接申し込みください。

https://www.jetro.go.jp/events/mib/fa7ceb5de90d3fab.html

 

 


 

 
日中経済協会主催 2018年度賛助会員セミナー(2)
2018-05-21

                 日中経済協会賛助会員セミナー

                「北京市の情報化政策」のご案内
 
日頃より、日中経済協会の事業活動にご理解、ご協力をいただき御礼申し上げます。
 さて、2018年6月20日より、北京市経済信息化委員会・王剛主任一行計6名が、日本との経済協力、中でも
情報化産業における協力関係構築を目的に来日されます。訪日期間中、関連企業を訪問・視察するなど交流
を図る予定です。
 そこで、当協会では、北京市経済信息化委員会一行が来日される機会に、王主任より「北京市の情報化政
策」について、当協会賛助会員を対象に講演していただくことと致しました。中国では、産業の情報化が進
み新たなビジネスモデルが生まれつつあり、北京市における情報化の現状や政策動向に関する情報は、今後、
賛助会員皆様が対中ビジネス戦略を策定する上で、必ずやお役に立つものと思っております。つきましては、
なるべく多くの皆様にご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
ご参加を希望される方は、 6月15日(金)必着でお申込み下さい。
                                              敬具
                    記
 
■日 時:2018年6月21日(木) 15:00~17:00
 
■場 所:日中経済協会 会議室(TEL:03-5226-7352)
      〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階
 
■テーマ:「北京市の情報化政策」
      講演 1時間  質疑応答、意見交換 1時間(いずれも日中逐語通訳)
 
■講 師:王 剛 北京市経済信息化委員会 主任
 
■参加費:無料
 
■申込み: 6月15日(金)までにお申込下さい。
 ※先着順。但し、期限前でも定員になり次第、締め切らせていただきます。
 
■お問合せ先:一般財団法人日中経済協会 調査部 文違(ひじかい)・石井・髙見澤
       TEL:03-5226-7352  FAX:03-5226-7221

       Mail:fumie.hijikai@jc-web.or.jp

 
日中経済協会主催 2018年度賛助会員セミナー(1)
2018-05-15

              日中経済協会主催 2018年度賛助会員セミナー

               「米中貿易摩擦と日本の対応」のご案内
 
日頃より、日中経済協会の事業活動にご理解、ご協力をいただき御礼申し上げます。
 現在、中国の対米貿易黒字が米中の貿易摩擦を一段と激化させ、世界の二大経済大国が本格的な貿易戦争に
突入しようとしている中、それによる影響は両国にとどまらず、日中経済にも大きな打撃となる可能性があり
ます。そこで当協会では賛助会員の皆様を対象に、今回の米中貿易摩擦がどのように日本の対中ビジネスの展
開・拡大に影響するのか、そうした情報の提供を目的として、会員セミナーを開催することと致しました。
皆様の今後の対中ビジネス戦略にとって、重要な情報になるものと思いますので、ご参加の程よろしくお願い
申し上げます。
ご参加を希望される方は、 6月6日(水)必着でお申込み下さいますようお願い申し上げます。
                                                 敬具
                     
 
日 時:2018年6月13日(水) 14:00~16:00(講演・質疑応答 各1時間)
 
場 所:一般財団法人 日中経済協会 会議室
      東京都千代田区富士見一丁目1番8号 千代田富士見ビル2 階
 
講演テーマ:「米中貿易摩擦と日本の対応」(仮題)
 
■講 師:神子田章博 日本放送協会(NHK) 解説委員室 解説主幹
 
■参加費:無料
 
■申込み:  6月6日(水)までにお申込下さい。
     ※先着順。但し、期限前でも定員になり次第、締め切らせていただきます。
 
■お問合せ先:一般財団法人日中経済協会 調査部 文違(ひじかい)・髙見澤
       TEL:03-5226-7352  FAX:03-5226-7221

       Mail:fumie.hijikai@jc-web.or.jp

 
【開催報告】第11回日中省エネルギー・環境総合フォーラム(分科会・地方視察)
2017-12-27
 
【開催報告】第11回日中省エネルギー・環境総合フォーラム(全体会議等全般)
2017-12-25
 
2018年賀詞交歓会のご案内
2017-12-01
日頃より、日中経済協会の事業活動にご理解、ご協力をいただき御礼申し上げます。

さて、日本国際貿易促進協会との共催による恒例の新年賀詞交歓会を下記により開催いたします。
新しい年を迎え、年初の日中経済交流の場となりますよう、皆さまのご来臨をお待ち申し上げております。
当日は中国大使をはじめ中国大使館の方々もお迎えします。

  記

◆日時:2018年1月10日(水)午後4時~5時

◆場所:ホテルニューオータニ「芙蓉の間」
(東京都千代田区紀尾井町4-1 電話 03-3265-1111)

◆会費:お一人様5,000円(当日会場受付にて申し受けます)

◆後援:中国国際貿易促進委員会駐日代表処、在日中国企業協会、日中投資促進機構、日中東北開発協会、日本経済団体連合会、日本商工会議所、日本貿易振興機構

尚、ご出席の回示は12月22日(金)までに、添付のファクシミリ返信用紙にて、総務部宛(FAX:03-5226-7221)にお願い致します。
 
(本件担当:総務部 佐々木 Tel: 03-5226-7351)   
 
 
「大阪-上海環境・省エネ技術フォーラム」開催のご案内(11/29・上海)
2017-11-15
 
                                    「大阪-上海環境・省エネ技術フォーラム」を開催します
~過去から未来へ。環境・省エネ技術の行方~
 
 
 大阪は、かつて高度経済成長時に環境汚染が深刻化し、行政による環境対策の推進や企業等による環境・省エネルギーに関する技術・製品の開発が取り組まれてきました。一方、急速な経済発展を遂げた中国でも、大気や水質等の環境問題が注目されています。
今回、大阪府、上海市関係機構主催にて環境問題をテーマとしたフォーラムを開催します。日中の有識者による講演や、代表企業が環境・省エネ技術のプレゼンを実施します。交流会も行いますので日中企業とのネットワーク作りに是非ご活用下さい。皆様のご参加をお待ちしています!(同時通訳あり)
 
          日 20171129日(水)13301830
          場 所:上海吉臣酒店
                (静安区万航渡路818号)
          内 容:日中専門家による基調講演
                講演者:阪申土木技術諮詢(上海)有限公司
                            上海交通大学環境科学・エンジニアリングカレッジ 
               日中代表企業による環境・省エネ技術プレゼン
       講演者:石川島(上海)管理有限公司
                   SMC(中国)有限公司 など日中双方4社
               企業交流会
          対 象:環境・省エネ分野に関心のある製造業者及びその関連会社
          参加費:無料
 
詳細・申込方法等につきましては、以下のHPをご参照下さい。
http://osaka-sh.com.cn/news/
 
◎お問合わせ先:大阪府上海事務所 南、山本
       (公益財団法人大阪産業振興機構上海代表処)
        Tel:+86-21-62701901 E-Mail:osaka@ibo-sh.com
 
.
 
中国(東莞)国際科技合作週 日本ブース出展 参加企業募集(12/8-10)
2017-11-15
   
                    2017中国(東莞)国際科技合作週 in 広東省
                                 日本ブース出展 参加企業募集
   
 「関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)」では、2017年12月8日(金)から3日間、中国広東省東莞市で開催される「2017中国(東莞)国際科技合作週」への出展企業を募集します。
  昨年、近畿経済産業局と広東省科学技術庁との間で協力文書が調印されたことにより、広東省の科学技術振興の予算の中に環境と省エネ領域における日中合作プロジェクト推進プログラムが創設されました。中国科学技術部と広東省人民政府主催による同展示会では、特別に「日中省エネ環境保護合作館」という展示エリアが設置され、同エリア内に会員企業の皆様が展示出来るブースを設置します。
  中国、特に環境規制が急速に進み、省エネ対策にも熱心な取り組みを始めた中国華南エリアにおいて、技術・商品を直接アピールし、顧客開拓・ビジネスパートナーを探索する好機となります。Team E-Kansai会員以外の企業様も参加可能ですので、是非ご参加をご検討ください。
 
◆日 程:2017年12月8日(金)~10日(日)
 
◆場 所:中国広東省東莞国際会展中心(東莞市南城市鴻福路99)
 
◆主 催:中国科学技術部、広東省人民政府
 
◆日中合作館出展分担金:8,000元(1コマあたり)
 
◆出展申込締切:11月27日(月)
 
>>お申込み・詳細についてはこちらをご覧ください。
 
 
 
 
<中国(東莞)国際科技合作週>
中国(東莞)国際科技合作週(以下「合作週」と略称)は中国科学技術部と広東省人民政府の主催により、海外の優れた科学技術を導入するために2004年から連続13回開催されている国際科学技術展示会です。これまでに、20以上の国家と地域との協力関係を構築し、来場者は累計で60万人に達し、各分野での科学技術と人材育成の協力プロジェクトを2000項目以上促進してきたとされています。昨年度初めて「日中合作館」という展示エリアが設定されて、Team E-Kansaiとして会員企業と共に初参加し、会期中に開催された第一回「中日省エネ・環境科技フォーラム」にて主導的な役割を果たしました。今年も会期中に第二回「中日省エネ環境科技フォーラム」が開催され、環境と省エネ領域における国際協力構築のプラットホームとなることを目指します。
 
(参考)昨年の「中国(東莞)国際科技合作週」レポートはこちらから
 
◎お問合せ先:
 Team E-Kansai事務局 
 (公財)地球環境センター(GEC) 国際協力課(平田、南野)
 TEL:06-6915-4126 Email: gec-teamekansai@gec.jp 
 
 
【表敬訪問報告】湖南省岳陽市
2017-10-27
 2017年10月27日に談正紅・湖南省岳陽市党委秘書長ら一行6名が今後の岳陽市と日本との経済、貿易、文化面での交流・協力強化のために当会を訪問した。
 観光資源が豊富であり、交通の要衝として発展する大型港湾都市としての機能を持つ岳陽市について紹介を受けた後、展示イベント等を通した相互の製品の紹介・市場開拓、日系企業の進出、日本から岳陽市への観光などを軸とした今後の展望について意見を交わした。
 今回の来会をきっかけとして日本との交流を活発にし、日系企業と岳陽市の新たな日中ビジネスを展開させたいと述べた。
 
■湖南省岳陽市側来訪者
談 正紅  岳陽市委 常務委員・秘書長
許 楊   岳陽市委 市政府接待処 処長
劉 新華  岳陽市住房・城郷建設局 副局長
羅 愛慧  中国国際貿易促進委員会岳陽支会 副会長
李 征兵  岳陽市南湖新区管理委員会 副主任  
田 栄     岳陽市岳陽屈原管理区 副主任
 
■ご参考
【岳陽市について】
・地理:中国大陸中心の湖南省。岳陽市は湖南省東北部に位置。北に長江、洞庭湖を中心とした港湾都市。
・面積:1.5万㎢
・人口:560万人
・交通:北京〜岳陽:高速鉄道5時間、広州〜岳陽3時間、武漢~岳陽40分、長沙~岳陽30分、2018年に貨物を中心とした岳陽三荷空港が完成予定。岳陽市内まで約18㎞。
・日本との友好都市関係:静岡県沼津市(1985年より)
・貿易額(2016年):3,000万ドル
・特徴
1.現代港湾都市:長江中部の大型港湾都市。長江に沿った163㎞の航路を持つ。
2.現代新興産業都市:国家級開発区1、省レベル9。フォーブス中国語版にて「工場設立最適トップ20、物流発展トップ25、中国大陸最優秀都市」、商務部より「中国最優秀投資都市」の評価を受ける。
3.観光・居住都市:「国家歴史文化名城、優秀観光都市」の評価を受ける。193もの観光名所があり、山や湖などが多く、自然豊かな暮らしやすい都市である。
 
「湖南(郴州)国際金属工具・鋳鍛造産業博覧会」開催のご案内
2017-10-23
1
<<一般財団法人日中経済協会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7351 FAX:03-5226-7221