日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会は、日中間のエネルギー・環境分野における協力関係の強化を目指しています。

qrcode.png
https://www.jc-web.or.jp/jcbase/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcbase/ を検索
 
 

省エネ・環境技術交流会 大連開催のご案内

 

日中省エネ・環境フォーラムに向けた 省エネ・環境技術交流会 大連開催のご案内

日中省エネ・環境フォーラムに向けた 省エネ・環境技術交流会 大連開催のご案内
 
 日中経済協会では、日中両国政府とともに日中省エネルギー・環境総合フォーラム(「フォーラム」)を実施し、対中省エネ・環境ビジネスの推進を図っております。
 本フォーラムも今年で第13回目を迎え、東京にて開催を予定しておりますが、本フォーラムのより効果的な開催に向け、省エネ・環境分野における日中協力プロジェクトの一層の形成・促進と、そのためのビジネスマッチングを目的とした技術交流会を中国・大連市で開催することといたしました。
 つきましては中国市場への展開を希望する技術・設備についてご発表、更には中国企業とのマッチングを希望される企業を募集いたします。
 ぜひこの機会をご利用いただき、ビジネスマッチングに向けた協力・提供の場としてご活用いただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。
   
1.開催日・場所:令和元年8月19日(月)
会場 ヒルトン大連金石灘(大連金石灘魯能希尓頓度假酒店/HILTON DALIAN GOLDEN PEBBLE BEACH RESORT)
      (住所:中国遼寧省大連市経済技術開発区海濱西路57号)
 
2.開催機関
日本側:経済産業省、日中経済協会   
中国側:指導単位 国家発展改革委員会資源節約環境保護司、国家発展改革委員会国際合作中心
    主催   大連市金普新区管理委員会、大連市発展改革委員会
 
3.参加費:無料  ※現地集合・解散とさせていただきます。
          ただし、現地までの往復の旅費及び滞在費は参加者負担となります。
 
4.アジェンダ案
 
8/19(月)午前:開幕式(主催者あいさつ)、日中企業による技術・製品紹介プレゼン
     昼:ワーキングランチ
    午後:個別マッチング交流
8/20(火)午前:大連金普新区企業視察(視察先は調整中)
 
     ※最終確定後に改めてご連絡申し上げます。
 
5.実施要領(案)
 ①午前中に日本企業による技術・設備に関するプレゼンテーションを行い、午後に専用の個別マッチング会場で日中企業間
(1対1)のビジネスマッチング(商談)を実施します。プレゼンテーション時間は1社につき約5~10分を予定(通訳・質疑応答時間含、企業数により時間変動可能性有)しています。中国語でのプレゼンテーションを推奨しており、日本語によるプレゼンテーションをご希望の場合は、別途事務局までお知らせください。
②ビジネスマッチングをより効果的に実施するため、事前に中国企業とのマッチングの調整を行いますので、発表する技 
術・設備の内容、マッチングを希望する中国企業の種類(分野や業種など)などについて、お申込書にご記入ください。
 ③個別マッチング商談における通訳は各社でご帯同いただきますようお願いします。
④プレゼンテーションに際しては発表用のパワーポイント(PPT)資料は必ず中国語版はご作成頂き、可能であれば日中両文をご作成頂きますようお願いいたします。提出期限は8月9日(金)です。
⑤個別マッチング会場には、ポスターの掲示や簡易パネル(「易拉宝」(イーゼル)など)を展示するスペースを設け、ご活用いただけるようにする予定です。展示をご希望の方は、すでにお持ちの「易拉宝」(イーゼル)やポスターなどがあれば、ご持参ください。
 
6. お申込方法:別添のお申込書必要事項をご記入の上、以下8.のお問合せ先までメールにてお送りください。
 
お申込は8月2日(金)12:00までにお願いします。
 
⇒8月7日(水)12:00までに延長いたしました(8/1現在)
 
7.大連市の省エネ・環境技術ニーズ:
※テーマ毎に纏まっている訳ではなく、各項目についてニーズを上げた企業、団体ごとに分類しております。
(1)省エネによる循環経済の実現(エネルギー供給、日本の先進循環経済モデル、情報化管理、廃棄物選別技術と地域に
   おける管理手法等)(各18社)
(2)工業排水処理(高濃度産業排水処理技術、産業廃水のための多重効用蒸発低減およびゼロエミッション処理技術等、
  廃水をリン酸塩処理するための最新の処理技術、水処理薬剤等)(各13社)
(3)工業設備における総合的な省エネや節水技術について(各12社)
(4)汚水処理、下水処理、家庭用水処理、余熱利用の省エネ技術(各11社)
(5)省エネ照明に関する技術やサポート(各10社)
(6)工業廃棄物の処理技術や設備・再資源化利用・高温(1600℃程度)処理技術、ボイラーの省エネ技術(各9社)
(7)建築物の省エネ技術、汚泥処理(各8社)
(8)新エネ車の充電設備、鉄鋼工場の排煙/排気処理、VOCs(揮発性有機化合物)の処理、省エネ建材、省エネポンプ、
   ヒートポンプの省エネ(各6 社)
(9)インバータ制御技術、セントラルエアコンの省エネ、再生水の利用(各5社)
(10)新エネ車に関する充電ステーションの運営、鉄鋼リサイクル、農業・家庭廃棄物の再資源化利用、生活ごみの再資源化
        利用、プラスチックリサイクル、火力発電所の排煙/排気処理、セメント工場の排煙/排気処理、省エネ変圧器、原油と 
        天然ガスの省エネ、脱硫脱硝、煤塵処理(各4社)
(11)その他
       ・太陽光、風力を活用した海水淡水化
       ・物流輸送機器、包装機器、立体倉庫、オートメーション機器合弁事業
       ・ガスモニタリング
       ・貯蔵エネルギーに関する産業
       ・循環経済公共サービスプラットフォーム、循環経済社会化取引プラットフォームの協力
       ・蒸気廃熱の回収と利用、蒸気圧縮技術と負圧回収技術、定速調整ノズルなど
       ・土壌浄化
       ・車の排気ガス処理
       ・水素エネルギー利用、水素製造
       ・環境試験技術
       ・エネルギー可視化(スマートファクトリー)
       ・グリーン熱源分野における日本の先端製品と先端技術
 
8.お問い合わせ先:一般財団法人 日中経済協会 事業開発部 平槇、清水、信澤
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7353 (事業開発部)Email: event@jc-web.or.jp   
<<日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7354 FAX:03-5226-7221