日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会は、日中間のエネルギー・環境分野における協力関係の強化を目指しています。

qrcode.png
https://www.jc-web.or.jp/jcbase/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcbase/ を検索
 
 

2019年度開催報告

 

日中グリーン発展省エネ・環境技術交流会(10/24蘇州)

日中グリーン発展省エネ・環境技術交流会(10/24蘇州)
 
 

 日中経済協会は、中国側指導単位である国家発展改革委員会資源節約環境保護司、国家発展改革委員会国際合作中心と、中国側主催単位である蘇州国家高新技術産業開発区管理委員会、清華蘇州環境創新研究院と、日本側の経済産業省との共催により、表題の交流会を開催いたしました。

 約290名の日中関係者が出席し、日本側から経済産業省通商政策局北東アジア課、中国側からは国家発展改革委員会環境資源司、同国際合作中心、蘇州高新技術開発区党工委からも来賓がありました。

 翌1025日には日本側企業の希望者と、蘇州で省エネ・環境事業に取り組む日中の企業を視察しました。

   
●主な出席者(参加企業詳細は以下資料をご参照)
【中国側】
王静波  国家発展改革委員会 環境資源司処長 
呉新明 蘇州高新区党工委書記ほか
 
【日本側】
飯田大介 経済産業省通商政策局 北東アジア課企画官
杉田定大 日中経済協会専務理事ほか
 

日中グリーン発展省エネ・環境技術交流会(8/19大連)

日中グリーン発展省エネ・環境技術交流会(8/19大連)
 
 日中経済協会は、8月19日に遼寧省大連市にて、「日中省エネルギー・環境総合フォーラム(以下フォーラム)に向けた日中グリーン発展省エネ・環境技術交流会」を開催いたしました。(中国側は、指導単位である国家発展改革委員会資源節約環境保護司、国家発展改革委員会国際合作中心と、主催単位である大連金普新区管理委員会、大連市発展改革委員会、日本側は経済産業省との共催。)
 本交流会は企業間の実務交流を重視し、また毎年日中双方で交互に実施をするフォーラムに向けた案件形成の一層の推進のために2016年より始めたもので、今年で4年目となります。
 今回は日本企業の参加社数が過去最大の35社を超え、また日中の出席者も300名以上となり、例年に比べより大きな規模で開催がなされました。
 午前中には日中両企業の技術・製品の紹介が行われ、午後にはビジネスマッチングを執り行いました。多いところで1社あたり、12社ほどの中国企業とマッチングを行った企業もありました。
 また、開催翌日の8月20日には、日本企業の希望者による企業見学(日本電産(大連)有限公司)も実施いたしました。
 
   
●主な出席者(参加企業詳細は以下資料をご参照)
【中国側】
王静波  国家発展改革委員会 環境資源司処長 
張志宏  大連市人民政府 副市長
李鵬宇  大連市常務委員・金普新区党委員会書記 ほか
 
【日本側】
山下宜範 経済産業省資源エネルギー庁 長官官房国際課 統括資源エネルギー調査官 
丸山浩一 在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所 ほか
<<日中省エネルギー・環境ビジネス推進協議会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7354 FAX:03-5226-7221