一般財団法人日中経済協会は、対中交流実績と豊富なノウハウ・人脈で、御社の中国ビジネスをサポートします。

qrcode.png
http://www.jc-web.or.jp/jcea/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcea/ を検索
 
 

「10月輸入展」・「11月農業博」ご紹介

 

四川省「10月輸入展」及び「11月農業博」ご紹介(四川博覧局来会)

四川省「10月輸入展」及び「11月農業博」ご紹介(四川博覧局来会)
 
四川博覧事務局・劉瑛副局長を団長とする一行6名が当協会の受け入れにより訪日し、6月30日に来会しました。

今回の訪日目的は、「中国西部(四川)輸入展・国際投資大会」、「第3回四川農業博覧会・成都国際都市現代農業博覧会」への広報をさらに一歩進めるため、日中経済協会や関連機関を訪問することです。

四川博覧事務局と当協会は、例年成都で開催される「中国西部国際博覧会(西部博)」を中心に、これまで相互に往来と交流を重ねてきましたが、一連の準備スケジュールや開催意義、これまでの成果等などの紹介を受けましたので、そのポイントをご紹介します。これらイベントにご関心の日本企業におかれましては、日中経済協会までお問い合わせください。
 

来会メンバー

来会メンバー
 
  • 劉 瑛 四川博覧事務局副局長
  • 楊秀彬 中国共産党四川省委員会農村工作委員会副主任
  • 黄万東 四川博覧事務局弁公室副主任
  • 足巴孝 四川博覧事務局新聞宣伝処副処長
  • 史 淼 四川博覧事務局弁公室秘書科科長
  • 杜 宇 四川博覧事務局対外聯絡処
 

◆ はじめに~「西部博」と「輸入展」「農業博」の関係」

◆ はじめに~「西部博」と「輸入展」「農業博」の関係」
 
中国西部国際博覧会(西部博)は、国家級の10省区が連携し、国家指導者も出席する展示会。11のフォーラムも併設。昨年は数が多すぎ、指導者も参加機会も多すぎたため、整理の結果、2年に1回の開催に(前回は2014年、次は2016年)。一方、省指導者は四川の展示会の役割を重視。西部博に準じた展示会を2つ開設(輸入展、農業博)。
 

西部博紹介動画 「相約西部共贏未来」

西部博紹介動画 「相約西部共贏未来」
 
 

◆ 中国西部(四川)輸入展・国際投資大会

◆ 中国西部(四川)輸入展・国際投資大会
 
今年初開催。期間は10月23~27日(例年の西部博と同様)、会場は成都市内。中国国際紹介、僑商連合会などの共催。3月のボアオフォーラムで提出された「一帯一路白書」の中で、西部博は地方(西部)における一帯一路戦略推進のプラットフォームと位置付けられたもの。昨年の貿易赤字に対して国務院意見により輸入を強化。準備組長は省長で、国外企業の製品展示が主体。展示スペース8万平方メートルに、先進技術・設備館、自動車(成都が直接を輸入できる制度が今年成立の見通し)、サービス貿易館(自由貿易区、観光、その他)、一帯一路沿線展示館、友好都市館(四川の友好都市を招請)、消費品館(食品、アパレルなど)で構成(ウェブサイト:http://import.wcif.cn)。

詳細は、下記招待状と資料(日本語)をご参照下さい。
↓   ↓   ↓   ↓
   
6ページ PDF ( 2015-08-30 ・ 2804KB )
 

◆ 第3回四川農業博覧会・成都国際都市現代農業博覧会

◆ 第3回四川農業博覧会・成都国際都市現代農業博覧会
 
期間は11月19~23日。会場は成都世紀シティ新国際会展センター。西部博との併催によりこれまで2回実施してきたが、今年は単独で開催。中央農業弁公室、農業部のサポートの下、四川省が主催。10万平方メートルのスペースに、新型農業、農業合作、都市現代農業、農村旅行文化、美食体験、現代農業技術などを展示。関連カンファレンスも豊富。

詳細は、下記資料(日本語)をご参照下さい。
↓   ↓   ↓   ↓
   
2ページ PDF ( 2015-08-30 ・ 983KB )
   
 
 
◇ 本件お問い合わせ:
日中経済協会事業開発部(担当:澤津) 電話:03-5511-2514
<<一般財団法人日中経済協会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7351 FAX:03-5226-7221