【活動報告】山東省水ビジネス企業訪日団受入れ

qrcode.png
http://www.jc-web.or.jp/jcea/
モバイルサイトにアクセス!
一般財団法人日中経済協会
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-1-8
千代田富士見ビル2階
TEL:03-5226-7351
FAX:03-5226-7221
Google

WWW を検索
www.jc-web.or.jp/jcea/ を検索
 
 

【活動報告】山東省水ビジネス企業訪日団受

 

山東省水ビジネス企業訪日団受入れ

山東省水ビジネス企業訪日団受入れ
 
◆はじめに
  当協会では、山東省との間で協力・交流強化に関する覚書を締結し、省エネ・環境分野での協力事業を行なっております。この度、山東省政府は、特に水処理分野における日中のプロジェクト形成・日本の技術の中国での展開を目指し、山東省各市上下水道、設計・エンジニアリング、設備メーカー等とともに2015年5月12日から15日にかけて来日しました。
  一行は当協会のアレンジのもと、大阪や東京にて下水処理場やごみ処理場などを視察したほか、ビジネスマッチング交流会を実施し、山東省の水ビジネスの現状やニーズ、日本の設備・技術等について活発な意見交換を行ないました。
 
◆訪日団メンバー(計19名)
【団長】 李宝林 山東省環保技術服務中心 主任

陳  峰 山東省城建設計院 執行院長
李雪岩 山東省外事弁公室 アジア処副処長
周紅霞 山東省市政工程協会 主任
劉  軍 済南水務集団有限公司 副総経理
宋  鵬 青島水務集団有限公司海湾中水有限公司 総経理
楊興涛 青島水務集団有限公司百発海水淡化公司 運営部経理
徐承峰 威海水利建設投資有限責任公司 董事長
姚  波 威海水務投資有限責任公司 総経理
李春和 威海市水務集団有限公司 副総経理
崔宝軍 臨沂首創博瑞水務有限公司 総経理
陳伝運 済寧中山公用水務有限公司 運営総監
魏隆基 生態潔環保科技股份有限公司 董事長
申曰斌 生態潔環保科技股份有限公司 研発部経理
王金軍 東営華新環保技術有限公司 総経理
呂才科 山東大禹水処理有限公司 董事長
郭建軍 山東国環産業投資有限公司 副総経理
王暁東 山東利源海達環境工程有限公司 副董事長
欒明先 青島市金旭環境工程有限公司 総経理

 
◆日程

5月12日(火)午後: 大阪市建設局海老江下水処理場、大阪市下水道科学館視察
5月13日(水)午前: ビジネス交流会(関西経済連合会と共催)

午後: 大阪市環境局東淀工場視察

5月14日(木)午後: 中央鍍金共同組合総合処理施設視察

中間貯蔵・環境安全事業株式会社 東京PCB処理事業所視察

5月15日(金)午前: 千葉県印旛沼流域花見川終末処理場視察

 
◆視察の様子
大阪市建設局海老江下水処理場
   
   概要説明を受けたあと、各処理施設及び中央監視室を見学。
【中国側からの意見】
・管理が精密で、周辺環境と調和している。
・汚水処理技術、処理プロセスが先進的。
・建設、運営基準が参考に値する。

ビジネス交流会(大阪)
   
  大阪での交流会は、関西経済連合会と共催で開催。双方挨拶、日本側企業のプレゼンに続き、各自マッチング交流を実施。活発な交流がなされた。

【李宝林団長挨拶 抜粋】
   日中経済協会と関西経済連合会は山東省にとって重要なパートナーの1つ。両者とは協力推進の為に備忘録も締結している。
   山東省は中国で水不足が不足している地域の1つ。1人当たりの水資源量は中国平均の1/6、世界平均の1/20しかない。1990年代は水汚染がピークの状況だったが、2000年以降、問題克服の為、処理場建設に注力し、現在は1980年代の汚染水準まで回復してきた。山東省は、人口密度が高く、重工業が発達しているので、水処理対策は重要な課題。
   今年4月に国務院は「水処理防治行動行動計画(水十条)」を公布し、水環境を改善するアクションプランを発表した。これにより水処理対策のニーズも高まり、企業にとってはビジネスチャンス。今日の交流が実りのあるものになることを期待。

大阪市環境局東淀工場
   
  大阪市ごみ処理事業概要のVTRを鑑賞後、場内見学。
【中国側からの意見】
・設備、技術が先進的。
・分別管理がしっかりなされている。
・運行管理スタッフの専門性と管理フローがしっかりしている。

中央鍍金共同組合総合処理施設
   
  日本の公害歴史のVTR鑑賞、概要説明に続き、場内見学。
【中国側からの意見】
・中国にとって参考とすべき汚水処理モデル。
・各種廃水を分類して処理し、環境保護効率が高い。
・組合の共同処理方法は参考に値する。

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(東京PCB処理事業所)
   
  概要説明を受けたあと、場内見学。
【中国側からの意見】
・日本政府が危険廃棄物処理を重視していると感じる。
・中国も手本とするべき。

千葉県印旛沼流域花見川終末処理場
   
  概要説明を受けたあと、場内見学。
【中国側からの意見】
・運営管理レベルが高い、周辺環境と調和している。
・40年前の汚水処理場が現在も保全され、依然として重要な役割を発揮。
・省エネ技術、細かい管理が行き届いている。

ビジネス交流会(東京)
   
双方挨拶、プレゼンに続き、各自マッチング交流を実施。
   
◆山東省水ビジネス企業訪日団 企業概要・ニーズリスト
山東水ビジネス企業訪日団概要 ( 273KB )
   
◆本件お問い合わせ
事業開発部 加藤、山本 TEL 03-5511-2514
<<一般財団法人日中経済協会>> 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-1-8 千代田富士見ビル2階 TEL:03-5226-7351 FAX:03-5226-7221